6/30〆切、環境ボランティアリーダー海外研修のご案内

投稿日時 2007-6-22 20:30:00 | トピック: HP管理者からのお知らせ【使用停止】

現在、「セブン−イレブンみどりの基金」が環境ボランティアリーダーの海外研修の参加者を募集しています。
(研修先:ドイツ)

我こそはという方は、ぜひご応募下さい。
(締切が迫っています!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       セブン−イレブンみどりの基金主催
     第10回環境ボランティアリーダー海外研修
            募集のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セブン-イレブンみどりの基金は、2002年(平成14年)2月より「環
境ボランティアリーダー海外研修」を行っています。これまで既に、
ニュージーランド、オーストラリア、ドイツに、41名の環境リーダー
の方々を研修に派遣いたしました。
この環境ボランティアリーダー海外研修は、環境ボランティアリー
ダーのスキルアップや帰国後、海外で得られた情報や経験、ノウハウ
を日本各地の活動現場で活かし、活動していただくことを目的として
行っております。また、国内におけるリーダー間の交流とネットワー
クづくりを目指すとともに、地域の環境市民団体の支援に関わる活動
にも参加していただいています。
これからの市民社会をリードしていく「環境ボランティアリーダー」
の皆様からのご応募をお待ちしています。

□―――――――――――――――――――――――――――――□

≪応募条件≫
現在、日本国内外で、環境ボランティア活動の実践においてリーダー
シップを発揮している、または今後リーダーシップを発揮したいと思
っている方。2007年10月中旬の海外研修参加可能な方。
※研修帰国後、地域の環境NPOへの情報提供や活動支援をしていただ
きます。

≪研修期間≫
2007年10月9日(火)から10月18日(木)までの10日間(予定)

≪研修場所≫
ドイツ

≪参加費≫
研修における渡航費、宿泊費及び10日間のプログラム参加費は、当基
金が負担します。
※旅券印紙代、団体行動以外の飲食代、電話代、洗濯代、超過手荷物
料金などは、参加者の負担とさせていただきます。
(詳しくはお問合せください)

≪募集人員≫ 5名

≪研修プログラム≫
環境先進国であるドイツにおいて、ドイツ国内最大の環境団体や関係
機関を訪問し、実際のプログラム参加を通し、環境NPOの活動例に学
びながら、資金調達、人材育成に焦点を当て、研修いたします。

≪研修日程≫ HP下記アドレス参照

≪応募書類≫
_歛蟶酳
(400字詰め原稿用紙10枚以上、もしくはワープロ等で4,000字以上)
▲┘鵐肇蝓璽掘璽
(所定のフォームあり。下記URLよりダウンロードできます。)
ご自身が今までに取り組んできた活動等の資料ありましたら添付し
て下さい。
※お送りいただきました書類、資料は返却できません。ご了承くださ
い。応募いただいた方の個人情報は当基金が管理し、第三者に提供す
ることはありません。

≪課題作文≫以下の項目全てについて、記述してください。
1、現在の活動について
1-1現在、所属団体の中でどのような活動を行ない、どのような立場で
関わっているのか(詳しく書いて下さい)
1-2現在、活動の障害となっていることはなにか
1-3その解決に向けて、あなた自身リーダーとして何ができるか
また現在どのように取り組んでいるか
2、日本の環境ボランティア活動を活性化させるためになにが必要か
3、今回の研修で何を学びたいか

≪募集締切≫
2007年6月30日(消印有効)
※応募書類については、封書にて郵送してください。Eメールやファ
ックスによる応募は受け付けていません。

≪選考に関するスケジュール≫
2007年6月30日(土)応募締切(消印有効)
7月中旬書類審査
7月26日(木)面接審査
※面接審査にお進みの方については、面接会場(東京)への交通費を
当基金で負担いたします。(但し、海外在住の方については応相談)

≪主催/問合せ/申込先≫
セブン-イレブンみどりの基金海外研修事務局 担当:小野
〒102-8455 東京都千代田区二番町8-8
TEL: 03-6238-3872 FAX: 03-3261-2513
URL: http://www.7midori.org
E-mail: kensyuu10@7midori.org

□――――――――――――――――――――――――――――――□




地域の未来・志援センターにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://c-mirai.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://c-mirai.org/article.php?storyid=38