メインメニュー
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 活動内容 を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 1
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失 / 新規登録

環境市民活動 助成金セミナー2017 in四日市

申請のポイントを聞ける事例発表と助成金など4つの資金調達制度の説明・個別相談で、
知りたいことを聞いてみませんか。

個別相談に重点を置いた今回のセミナー。

『一般的な回答』ではなく、『あなたの活動に合わせた回答』を得られますから、すぐに活動に生かすことができます。



●こんなことを相談できます!●

□私たちの活動は、この助成金に当てはまる?
□活動の目的や目標は、どう書いたら良いかな?
□私たちに必要な資金は、申請条件にあっている?
□こんなことをしたいけど、採択される可能性はある?
□疑問や不明点は、誰に聞いたら良い?



「分かっていて当然」と話しが進んでしまって、何となくの理解で不安になっていることを、このセミナーで解消してください!

日時 2017年10月28日(土)
13:30〜17:00
ところ 四日市市なやプラザ 3F
定員 40名
参加費 500円
※地域の未来・志援センター会員は無料







こんな助成金制度の説明が聞ける、個別相談が受けられる!!Part1

○ささえあい基金 (ささえあいのまち創造基金)

「ささえあいのまち創造基金」さんは、顔が見える範囲での市民全体によるまちづくりを目指し、2012年に設立しました。
『ささえあい基金』では「市民のための活動を市民がささえるまち」をつくるため、市民の皆さんからの寄付金を地域で公益的な活動を行う団体に助成しています。
四日市市を中心に活動している団体が対象です。
市内で地域の課題解決を目的とした活動をしていらっしゃる方、詳しいお話を聞いてみませんか。

【応募制限】

構成員が3人以上いること。(年齢、国籍等の制約はありません。)
四日市市内で活動していること。
選挙活動、布教活動、営利活動、反社会的活動を行なっていないこと。
日常的に地域の課題解決を目的とした活動をしていること(分野を問わない)
配分された寄付金を使うことによって、課題解決に寄与しようとしていること。

【募集時期】

3月1日〜31日(2017年)
【1件あたりの助成額】(2017年)
大入道クラス:30万円 1団体 20万円 1団体 10万円 3団体(総額80万円)
小入道クラス:3〜5万円 20団体程度(総額80万円)
※毎年の寄付金額によって変わります。

【助成比率】

制約なし

【支払時期】(2017年)

5月1日
※2018年については変更になる可能性があります。ご確認ください

『ささえあい基金』の詳しい情報はこちらから
http://mie-ssb.jp/

セミナーに参加すると、HPではわからないことを個別に質問・相談することができます。
「私たちの活動は助成対象になるの?」
「HPを見たけど、これってどういう意味?」
「申請書のこの欄にはどんなことを書けばいいの?」

・・・などなど
担当者と直接会ってお話しできるこの機会を、ぜひご活用ください!


こんな助成金制度の説明が聞ける、個別相談が受けられる!!Part2・・・クラウドファンディングも!

○カワサポ (ClearWaterProject)

『カワサポ』は「流域を考えるクラウドファンディング」。
「流域」についてみんなで考え、流域改善につながる活動を支援するための仕組みです。
「流域」と言っても川だけではなく、結果として水辺に良い影響を与える団体を登録対象としています。
運営している「ClearWaterProject」さんは、川ファンを増やす『川遊びマップ』や遊漁券をインターネットで買えるサービス『つりチケ』など、未来の子供たちに残したくなる水辺環境を目指して他にはないおもしろい取り組みをしています。
『カワサポ』は、そんな「ClearWaterProject」さんならではの他とは違ったサポートが魅力です。
セミナーに参加して、もっと詳しく聞いてみませんか。

【内容】

地元中部発のクラウドファンディング。
水辺・流域環境改善のために活動する団体や企業向け。流域を良くする団体が、自立できるようにすることを目標に手厚い支援が特長。
「プロジェクト支援」と「団体支援」の2つのメニューがあります。

【利用料】

プロジェクト成立時に集まった金額の「自立型」15%、「サポート付」30%の手数料。

【タイプ】

・購入型
・All or Nothing型/keep it all型を選択可

(ご担当者から一言)

活動をする中で「資金が必要」「呼びかけたい!」という時には、クラウドファンディングを検討してみては?
クラウドファンディングは、インターネットを使って広く社会に資金支援を呼びかける方法です。
カワサポもその中の一つ。
短期的なプロジェクト支援と継続的に団体を支援する団体支援の2つがあります。

詳しくは会場で!


『カワサポ』の詳しい情報はこちらから → https://www.kawa-supporters.net/

「ClearWaterProject」さんのHP → http://clearwaterproject.info/


こんな助成金制度の説明が聞ける、個別相談が受けられる!!Part3

○環境市民活動助成(一般財団法人セブン-イレブン記念財団)

『全国のセブン-イレブン店頭募金箱に寄せられたお客様からの募金と(株)セブン-イレブン・ジャパンからの寄付金で皆様の環境活動を支援します』

毎年、国内の環境市民活動を広く支援している、環境市民活動助成。
活動分野や規模に併せて、4種類の助成が用意されています。

多くの団体と関わりながら幅広く支援をしてるため、資金面だけではなく、これからの活動の方向性などを決めるためにも役立つアドバイスが受けられます。

【募集時期】

2017年11月1日〜30日

【助成比率】

制約なし

【支払時期】

活動助成・NPO自立強化助成…3月下旬
緑化植花助成・清掃助成…3月中旬

『環境市民活動助成』の詳しい情報はこちらから
http://www.7midori.org/josei/index.html


セミナーでは、HPではわからないことを、個別に質問・相談することができます。

  • 「私たちの活動は対象になるの?」
  • 「HPを見たけど、これってどういう意味?」
  • 「実際にはどんなことをすればいいの?」

・・・などなど

担当者と直接会ってお話しできるこの機会を、ぜひご活用ください!


個別相談は、どんなことがメリットなの?
にお応えする、特設ページを作りました!


個別相談会、どうやって利用する?




助成金を活用して、活動を広げた団体の経験談 Part1

〇環境ボランティアサークル 亀の子隊

事例発表の1番目は、
11/5に『エコツアー 渥美を学び、渥美を食べよう!』を開催する『環境ボランティアサークル 亀の子隊』さん。

このツアーは、渥美半島西の浜海岸でビーチコーミングをしながら、海の環境を学ぶというものです。
その他にも、渥美の新鮮な魚やバーベキューを食べることができたり、塩づくりの疑似体験ができたりと、盛りだくさん。
参加者は名古屋駅から貸し切りバスで移動できるため、休暇村で展望風呂に入ったり、買い物に立ち寄るといった、バス旅行としても楽しむことができる、とても間口の広いイベントとなっています。

名古屋往復のバスをチャーターしているにも関わらず、
たったの5000円で参加できることが、大きな魅力です。

これは、セブン-イレブン記念財団の【活動助成】を活用しているからに他なりません。

目的に合った助成を受けることで、
活動を広い範囲の人に知ってもらい、楽しんで参加できるツアーにすることに成功しています。

どういった視点を持って助成金を利用したら、
助成団体・参加者にとってメリットのある活動に繋がるのかを、掴んでいただけたらと思います。

亀の子隊さんは、事例発表で経験を聞ける他、個別相談でもお話することができます。
自分の活動にどうしたら活かせるか、もう少し掘り下げて聞きたい方は、ぜひこちらにもご参加ください。


助成金を活用して、活動を広げた団体の経験談 Part2

〇NPO法人 中部リサイクル運動市民の会

事例発表の2番目は、
『リユース&リサイクルステーション』『エコロジーセンター』を運営している、『中部リサイクル運動市民の会』(以下、中部リサイクル)さん。

和喜田さん-3

中部リサイクルさんは、セブン-イレブン記念財団のNPO自立強化助成を活用し、不用品リユースシステム・チャリティーショップの基盤整備を行っています。
NPO自立強化助成は、事務所家賃や職員人件費も助成される分、申請は難易度の高いものとなっています。

今回は、
この助成金獲得のコツを、『共感される申請書とは?』『申請書を書く前に、まず持っておくべき心構えとは?』を中心にお話していただきます。
もちろん、NPO自立強化助成に限らず、助成を申請する際には必ず必要となる、重要な考え方です。
この機会に、
「採択される申請書の書き方」を学びましょう。

また、「助成金を獲得するため」に陥りやすい落とし穴や、採択後の助成主との具体的な付き合い方まで、豊富な実績からアドバイスいただけます。
「なんとなく不安だったこと」との向き合い方が、これで解決するかも・・・。

2017年度に助成決定された、実際の申請書も会場で公開!
申請書を書いていても、これで良いのかピンと来ない……と感じている方も、ぜひ参考にしてください。

すぐに次の申請に生かせるポイントがたくさんの、事例発表ですので、お楽しみに!
中部リサイクルさんの経験談を聞いて、疑問に思ったことや不安になったことは、個別相談でもお話しいただけます。



プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
事業計画書・報告書
コンテンツのトップ


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。