メインメニュー
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが スタッフブログ(環境活動情報) を参照しています。)
登録ユーザ: 0
ゲスト: 9
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失 / 新規登録
地域の未来・志援センター スタッフブログ
  最終更新日  
要旨 愛知、岐阜、三重における環境市民活動を支援する「地域の未来・志援センター」の職員が、環境市民活動に関するお知らせを掲載していきます。
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成  
言語 ja
「中部サステナ政策塾」(第8回)および「中部SDGsデザイン会議」準備会 (7)のご案内【2019/12/5】
公開:
要旨: 中部ESD拠点協議会(幹事機関:中部大学)では、「サステナ政策塾講座 (第8回)」を「中部SDGsデザイン会議準備会」(7)との併催の公開講座として開催いたします。 公開講座では、「経済問題から考えるSDGs」をテーマとして、講師に経済学者の橘木俊詔先生をお迎えして、SDGs達成に向けて考えるべき経済格差問題について論じていただきます。また、伊勢・三河湾流域圏におけるSDGsネットワーク「中部SDGsデザイン会議」の発足に向けた準備としての議論もおこないます。 SDGsに関心..
中部ESD拠点協議会(幹事機関:中部大学)では、「サステナ政策塾講座 (第8回)」を「中部SDGsデザイン会議準備会」(7)との併催の公開講座として開催いたします。 公開講座では、「経済問題から考えるSDGs」をテーマとして、講師に経済学者の橘木俊詔先生をお迎えして、SDGs達成に向けて考えるべき経済格差問題について論じていただきます。また、伊勢・三河湾流域圏におけるSDGsネットワーク「中部SDGsデザイン会議」の発足に向けた準備としての議論もおこないます。 SDGsに関心があり、貢献をしたいと考えておられる皆様のご参加お待ちいたしております。  ◆「中部サステナ政策塾」第8回講座 ◆ (「中部SDGsデザイン会議準備会」(7)を兼ねる)日時:2019年12月5日(水)18:30〜20:30 場所:中部大学名古屋キャンパス6階大ホール テーマ:経済問題から考えるSDGs 演題:「格差社会の現状と課題」 講師:橘木俊詔先生 (京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授) 【中部サステナ政策塾の概要】目的:持続可能な地域づくりのための政策やプロジェクトの立案および実現ができる人材を育成します。 講座・ゲスト講師による講演とディスカッションなどの座学と、地域でのフィールドワーク等を実施します。 講師:政治家・学識経験者・企業化・NPO関係者など、第一戦で活躍する多彩なゲスト講師を迎えます。期間:2019年7月〜2020年2月、座学とフィールドワークの合計約12回の 活動を予定しています。 【中部SDGsデザイン会議の概要】目的:東海地域(愛知県・岐阜県・三重県:伊勢・三河湾流域圏)における SDGsの達成貢献をめざして、地域独自のSDGsを設定して推進します。 方法:中部SDGsデザイン会議は、東海・中部地域のSDGsネットワークです。SDGs17のゴールごとに100人委員会を発足させて地域課題の抽出と解決をめざします。 期間:中部SDGsデザイン会議の発足に向けて、中部サステナ政策塾の講座等と連携して発足準備をおこないます。17テーマに関わる活動を実施している方々の広い参加をお待ちしております。 http://sustena-policy.jpn.org/corner34/pg129.htmlお申し込みは下記連絡先に、メール又は、お電話にてお名前、ご所属をご連絡ください。【お申込み・問い合わせ】 中部ESD拠点事務局 (担当:古澤・川村) 住所:〒487-8501愛知県春日井市松本町1200中部大学内 電話:0568-51-4485 e-mail:office@chubu-esd.net
環境ボランティアサークル亀の子隊in渥美半島 西の浜クリーンアップ活動!
公開:
要旨: 亀の子隊の鈴木です。次回の亀の子クラブでは紹介する予定ですが、11月7日に国土交通省をはじめ6省庁が関わっている「インフラメンテナンス大賞」の授賞式に出席してきました。農林水産関係で「優秀賞」をいただきました。よかったら「インフラメンテナンス大賞」で検索してみてください。  【2019年10月の活動】10月13日は、前日の台風が過ぎた後で、砂が飛ぶような強風の中での活動となりました。浜には、流木が押し寄せ、ゴミも多くありました。参加者は少なかったですが、しっかり活動してくれま..
亀の子隊の鈴木です。次回の亀の子クラブでは紹介する予定ですが、11月7日に国土交通省をはじめ6省庁が関わっている「インフラメンテナンス大賞」の授賞式に出席してきました。農林水産関係で「優秀賞」をいただきました。よかったら「インフラメンテナンス大賞」で検索してみてください。  【2019年10月の活動】10月13日は、前日の台風が過ぎた後で、砂が飛ぶような強風の中での活動となりました。浜には、流木が押し寄せ、ゴミも多くありました。参加者は少なかったですが、しっかり活動してくれました。10月20日の活動には、中部実業団駅伝大会に出場するチーから5チーム48人が参加してくれました。活動場所には、ゴミは少なかったですが、選手のみなさんは。小さなゴミも徹底的に拾ってくれました。活動終了後の交流もしっかりできたようです。実は、この日、事務局は、碧南市で開催された愛知県主催の「三河湾大感謝祭」に出展していました。3月の時点で公表した年間計画に基づいて、中部実業団陸上連盟が、各駅伝チームに、西の浜の活動への参加を打診してくれていました。あとから入ってきた「三河湾大感謝祭」に出展することになり、一週前倒しでクリーアップ活動を計画したところ、既に20日で3チームが参加してくれることになっているので、この日に実施してくれないかということで、親亀さんたちにお願いをし、実施となりました。親亀さんたちの都合が合わなければ、できないことでしたので、親亀のみなさんには感謝です。今回の活動場所は、8月に活動したところです。台風19号の影響でたくさんの流木とゴミが上がっています。  【今後の予定】 11月17日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00 11月23日(土)  エコアクションin あいち  刈谷 11月24日(日)  なごや環境大学連携講座〜エコツアー            「渥美を学び、渥美を食べよう」           海の環境を学ぶ会〜海水からの塩づくりの会           エコツアーに合わせて実施します。 12月15日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00  1月19日(日)  西の浜クリーンアップ活動 10:00〜11:00  2月 8日(土)  東三河ボランティア集会  9:00〜15:00           去年は田原文化会館で行われ、活動発表をしました。           今年は、新城市文化会館で行われます。            一昨年の蒲郡、去年の田原ともに、子どもたちの発表が           素晴らしかった、感動したという感想を           もらっています。           亀の子隊の活動を知ってもらい、きれいな海を           守りたいという心を広げるよい機会です。           今年も活動発表をしたいと思います。以上です。よろしくお願いします。           ◆お問い合わせ環境ボランティアサークル 亀の子隊  鈴木 吉春〒441-3502愛知県田原市赤羽根町赤土1 赤羽根市民センター3階FAX 0531-23-0581携 帯 090-9123-7983mail  yoshiharu@kamenoko.org亀の子隊URL http://www.kamenoko.org
私とつながるSDGs【2019/12/13】
公開:
要旨: 〜食べ物、子育て、防災まで、さまざまなことにSDGsはつながっている〜     食べ物は何を選んでいますか?  子育て支援で本当に必要としているものは何ですか?  防災を自分ごとにできていますか?    住民一人ひとりが主体的に動いていくために、SDGsをどう意識し、  それをどう行動に結びつけていけばいいのか。  参加者の生活に根づいた具体的な取り組みをベースに話し合います。◇日時 2019年12月13日(金)19:00 〜 21:00(18:45開場)◇会場 ハートフルス..
〜食べ物、子育て、防災まで、さまざまなことにSDGsはつながっている〜     食べ物は何を選んでいますか?  子育て支援で本当に必要としているものは何ですか?  防災を自分ごとにできていますか?    住民一人ひとりが主体的に動いていくために、SDGsをどう意識し、  それをどう行動に結びつけていけばいいのか。  参加者の生活に根づいた具体的な取り組みをベースに話し合います。◇日時 2019年12月13日(金)19:00 〜 21:00(18:45開場)◇会場 ハートフルスクエアーG 研修室30    岐阜県岐阜市橋本町1-10-23(JR岐阜駅直結)◇講師 神田浩史(NPO法人 泉京・垂井 副代表)◇参加費 500円◇定員 30名(先着)◇問合せ・参加申し込み   NPO法人 泉京・垂井   〒503-2124 岐阜県不破郡垂井町宮代1794-1   TEL:0584-23-3010   (電話受付時間10:00〜17:00 ※日・月曜を除く)   Eメール:info@sento-tarui.org◇12/12(木)までにお申し込みください。   当日参加も大歓迎です。◇主催 NPO法人 泉京・垂井◇共催 NPO法人 ぎふNPOセンター
11/29 グローバル気候マーチ#2【2019/11/29】
公開:
要旨: 12月3日から始まるCOP25の前に、11月29日に世界中の若者が気候危機対策を求めてデモを行います。日本でも、名古屋でも「グローバル気候マーチ」を行います。一緒に歩きませんか?◆プレ集会 17:00より@エディオン久屋広場(松坂屋横)◆マーチ開始 17:30より(久屋大通→栄交差点→大津通→久屋広場)◆マーチ終了後18:00より@エディオン久屋広場(松坂屋横)◆問合せ:尾形 090-9928-3299◆持ち物:プラカード・懐中電灯・防寒着◆服装:自由(コスチューム大歓迎!)..
12月3日から始まるCOP25の前に、11月29日に世界中の若者が気候危機対策を求めてデモを行います。日本でも、名古屋でも「グローバル気候マーチ」を行います。一緒に歩きませんか?◆プレ集会 17:00より@エディオン久屋広場(松坂屋横)◆マーチ開始 17:30より(久屋大通→栄交差点→大津通→久屋広場)◆マーチ終了後18:00より@エディオン久屋広場(松坂屋横)◆問合せ:尾形 090-9928-3299◆持ち物:プラカード・懐中電灯・防寒着◆服装:自由(コスチューム大歓迎!)*写真に撮られたくない人は、後ろの方の隊列で行進することをお勧めします。 11月29日金曜日、グローバル気候マーチをまた栄で行います。 9月に行ったマーチは、私たちの声を聞いてもらうための非常に重要なステップでした。しかし、世界のリーダーたちを動かすには至りませんでしが。あれから1か月もたたないうちに、日本では、史上最悪とも言える台風19号に襲われました。89人が死亡し、街の破壊はすさまじく、推定90億ドル(1兆円近く)の損失をもたらしました。台風19号の強さは、地球温暖化に直接関係しており、気候危機に対して現在大きな措置を講じなければ、そのような壊滅的な災害の頻度は増える可能性があります。すでに、世界中の人々は、熱波、洪水、暴風雨、食糧不足、望まない移住など、気候変動の影響に苦しんでいます。パリ協定で確認したことは、世界の気温上昇を産業革命前と比べて1.5℃に制限する必要があります。これを超えると、取り返しのつかない事態になります。このような地球を、私たちは未来の世代に残したいと思いますか?世界のリーダーたちは、どうしてこの危機を無視し続けることができるのでしょう?これではいけないと思う人は、11月29日に参加してください。日本でも世界でも、多くの街で同じ日にマーチを行い、リーダー達の決断を求めています。皆さんも、 17:00に栄エディオン久屋公園で会いましょう。多くの人が参加すればするほど、私たちの声は大きく、強くなります。そして、世界に変化を生むことができます。このイベント情報を関心ある人に拡散してください。 11月29日に会いましょう!
学生環境会議2019 自然と共に生きるとは【2019/12/1】
公開:
要旨: 岐阜市では、環境をテーマにした第1回岐阜市エコフェスタを開催し、その関連イベントとして「学生環境会議2019」を開催いたします。  ◎学生環境会議とは・・・  学生が、環境についての意見を出し合い、考えを深める場です。 アドバイザーの講演をヒントに、同世代の参加者と、自由に話し合います。 今回のテーマは「自然と共に生きるとは」です。 一緒に考えてみませんか。◇日時:2019年12月1日(日)14:00〜16:30(受付:13:30〜)◇会場:ハートフルスクエアーG 2階 中研..
岐阜市では、環境をテーマにした第1回岐阜市エコフェスタを開催し、その関連イベントとして「学生環境会議2019」を開催いたします。  ◎学生環境会議とは・・・  学生が、環境についての意見を出し合い、考えを深める場です。 アドバイザーの講演をヒントに、同世代の参加者と、自由に話し合います。 今回のテーマは「自然と共に生きるとは」です。 一緒に考えてみませんか。◇日時:2019年12月1日(日)14:00〜16:30(受付:13:30〜)◇会場:ハートフルスクエアーG 2階 中研修室    JR岐阜駅東側に隣接◇参加費:無料(要申込み)◇定員:50名 高校生・大学生◇アドバイザー:見屋井 一輝(みやいかずき)さん        岐阜大学 環境サークルOB。        現在、岐阜県庁(西濃農林事務所)勤務。◇申込方法:e-mail → Ka-hozen@city.gifu.gifu.jpよりお申し込みください。      件名:「学生環境会議 参加申し込み」と記入の上、      氏名、所属(学校名)、学年、住所、電話番号、メールアドレスを送信して下さい。◇申込締切り:2019年11月20日(水)◇主催:岐阜市エコフェスタ実行委員会◇共催:岐阜市◇運勢:岐阜大学ESDクオリア◇お問い合わせ:岐阜市 環境部 環境保全課 自然係        TEL:058-214-2151☆地域の未来・志援センターが支援しています、「未来創造プログラム」のメンバーも参加します!ご家族、お知り合いの方で、高校生・大学生の方に、ご紹介いただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。
伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム【2019/12/24】
公開:
要旨: 「伊勢湾台風災害」の緊急応急も復旧・復興も、地域の内外の団体や人達の連携によって成し遂げられました。 地域の助け合いをどのように準備していったらいのでしょうか。 水害の現場から学び、わが身とわが家を守る暮らしの防災、近所や地域の防災活動の活性化、行政、社会福祉協議会、民間企業、学校等の連携を進めます。◎現地見学会(バス使用) 海部地域・日光川の防災対策(場所)新孫宝排水機場、日光川水閘門、日光川排水機場、日光川整備区間(日時)令和元年12月24日(火)12:30から16:30..
「伊勢湾台風災害」の緊急応急も復旧・復興も、地域の内外の団体や人達の連携によって成し遂げられました。 地域の助け合いをどのように準備していったらいのでしょうか。 水害の現場から学び、わが身とわが家を守る暮らしの防災、近所や地域の防災活動の活性化、行政、社会福祉協議会、民間企業、学校等の連携を進めます。◎現地見学会(バス使用) 海部地域・日光川の防災対策(場所)新孫宝排水機場、日光川水閘門、日光川排水機場、日光川整備区間(日時)令和元年12月24日(火)12:30から16:30    弥富市総合福祉センター 出発 12:30    十四山支所       出発 12:45(参加費等) 保険代として100円(子どもも含む) 事前申込必要(申込先)定員30名。     弥富防災・ゼロの会または弥富市危機管理課防災グループに申込用紙を提出(申込期限) 12月10 日(火)(主催)弥富防災・ゼロの会  HP:http://yatomi-bousai.info/(協力)弥富市危機管理課以下の項目を info@yatomi-bousai.info までメールしてください。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜現地見学会 海部地域・日光川の防災対策 申込書氏名・年齢・住所・電話番号(当日連絡用)・事故等があった場合の連絡先・出発地 いずれか〇  弥富市総合福祉センター 出発 12:30           十四山支所       出発 12:45〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜防災のつながりで地域を守る輪をつくりましょう!自主防災会や自治会の役員、福祉関係、NPO、建設業者、行政など、災害時の現場担当者、本部の連絡調整者に、横のつながりが生まれることを期待します。 (HP)弥富市防災情報共有サイト http://yatomi-bousai.info/
NPOのためのアドバイザー相談と講座 11月〜3月
公開:
要旨:  「設立」「運営」「会計」「税務」「労務」「法務」に関するあらゆるご相談に、NPOの分野に通じる専門家が対応します。●相談できる内容【設立・運営相談】団体運営や事業運営に関するあらゆるご相談にNPO法人   代表者や役員、スタッフ経験の豊富なアドバイザーがお応えします。【会計・税務相談】日常の会計管理や決算書の作成、税務申告や申請手続き         などについて公認会計士・税理士がお応えします。  そのほか、労務に関する相談には社会保険労務士が、法務に関する相談には弁護士..
 「設立」「運営」「会計」「税務」「労務」「法務」に関するあらゆるご相談に、NPOの分野に通じる専門家が対応します。●相談できる内容【設立・運営相談】団体運営や事業運営に関するあらゆるご相談にNPO法人   代表者や役員、スタッフ経験の豊富なアドバイザーがお応えします。【会計・税務相談】日常の会計管理や決算書の作成、税務申告や申請手続き         などについて公認会計士・税理士がお応えします。  そのほか、労務に関する相談には社会保険労務士が、法務に関する相談には弁護士がお応えします。●個別相談のお申し込み方法 電話もしくは窓口にて、お名前、所属団体、電話番号、希望日、時間帯、 相談概要をお伝え下さい。各受付開始日より先着順の受付となります。■受付開始日:相談日の2ヶ月前の1日から(11月・12月分:受付中) ●NPOのためのアドバイザー相談 【要予約・無料】 スケジュールはコチラまで↓↓↓http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/npoinfo/2019ad2.html●個別相談のお申し込み・お問い合わせ先名古屋市市民活動推進センターTEL:052-228-8039  FAX:052-228-8073E-mail:npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp所在地:名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークデザインセンタービル6階 開館時間:平日・土曜日:9:00〜21:30、日曜日・祝休日:9:00〜18:00、月曜休館■主催:名古屋市■企画運営:ボランタリーネイバーズ・ボラみみより情報局共同事業体(事業受託者)
NPOの成果を見える化して元気にするセミナー【2019/11/14・12/13・2020/2/18】
公開:
要旨:  休眠預金を活用したNPO等への助成の開始が近づくにつれて、成果の可視化や評価が注目されています。成果を見える化して評価することは、資金調達のためだけではなく、ミッションの達成に向けて活動を改善し、団体を元気にすることができます。 名古屋市では、評価について「ちょっと聞いてみたい」という方から「団体で本格的に取り組みたい」という方まで、幅広く応援する色々なメニューをご用意しました。★基礎講座★日時:2019年11月14日(木)13:00〜17:00(受付開始 12:45)場所..
 休眠預金を活用したNPO等への助成の開始が近づくにつれて、成果の可視化や評価が注目されています。成果を見える化して評価することは、資金調達のためだけではなく、ミッションの達成に向けて活動を改善し、団体を元気にすることができます。 名古屋市では、評価について「ちょっと聞いてみたい」という方から「団体で本格的に取り組みたい」という方まで、幅広く応援する色々なメニューをご用意しました。★基礎講座★日時:2019年11月14日(木)13:00〜17:00(受付開始 12:45)場所:あいちNPO交流プラザ 会議コーナー(名古屋市東区上堅杉町1 ウィルあいち2階)対象:市内で活動するNPOの役員・スタッフ、NPO支援者定員:50名内容:【社会的インパクト評価とロジックモデルの基礎】・社会的インパクト評価の基本・構成・社会的インパクト評価の活用事例・ロジックモデルの基礎 ・モデル事例を基にしたロジックモデル作成ワークショップ など★実践講座★【1日目】日時:2019年12月13日(金)13:00〜17:00(受付開始 12:45)場所:名古屋市市民活動推進センター 集会室(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル6階)対象:評価に取り組んでいる又はこれから取り組むNPOの役員・スタッフ定員:20名内容:【団体のロジックモデルを作成】    ・事業の目標・受益者を考える    ・ロジックモデル作成ワークショップ(インプット、アクティビティ     (活動)、アプトプット、アウトカム(成果)を考える)など【2日目】日時:2020年2月18日(火曜日)13:00〜17:00(受付開始 12:45)場所:名古屋市市民活動推進センター 集会室(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークデザインセンタービル6階)対象:評価に取り組んでいる又はこれから取り組むNPOの役員・スタッフ定員:20名内容:【ロジックモデルの活用の仕方】    ・評価指標の設定・データの集め方    ・ロジックモデルの見直し    ・ロジックモデルを使った事業の改善  など★申し込み・問い合わせ先★名古屋市市民活動推進センター 〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパークデザインセンタービル6階  Tel:052-228-8039 (平日9:00〜21:30、日・祝9:00〜18:00、月曜日休館)Fax:052-228-8073  E-mail:npo@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp
第15回エコツーリズム大賞募集開始のお知らせ【2019/11/29】
公開:
要旨:  環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を進めています。この一環として、環境省と一般社団法人日本エコツーリズム協会では、地域の自然・歴史・文化の保全と地域振興を、観光の力で実現する「エコツーリズム」に取り組む、 企業、事業者、団体、自治体、個人などを対象に、その優れた取り組み を表彰し、広くご紹介する 「エコツーリズム大賞」を実施しています。今回で15回目を迎えにあたって、新たに地域と企業が連携した取り組みに対する「パートナーシ..
 環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を進めています。この一環として、環境省と一般社団法人日本エコツーリズム協会では、地域の自然・歴史・文化の保全と地域振興を、観光の力で実現する「エコツーリズム」に取り組む、 企業、事業者、団体、自治体、個人などを対象に、その優れた取り組み を表彰し、広くご紹介する 「エコツーリズム大賞」を実施しています。今回で15回目を迎えにあたって、新たに地域と企業が連携した取り組みに対する「パートナーシップ賞」を新設しました。●応募資格:以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)1.地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズ  ム」に関連する環境保全活動を取り入れた取組や様々な自然体験の取組。2.環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。  ※自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への   理解につながる活動などを含みます。●応募期限:2019年11月29日(金)まで ※必着●応募方法等:応募フォーム(https://ecotourism.gr.jp/15th_award_application_form/)にご記入、資料を添付の上、award@ecotourism.qr.jp までご応募ください。●主催:環境省、一般社団法人日本エコツーリズム協会●お問い合わせ先:第15回エコツーリズム大賞事務局(一般社団法人日本エコツーリズム協会)電話:03-5437-3080メール:award@ecotourism.qr.jpHP:https://ecotourism.gr.jp/award/
フェアトレード製品生産現場 東ティモールを訪れて【2019/12/8】
公開:
要旨:  現場を訪れたからこそお話しできる、フェアトレード製品生産現場の様子や生産者・支援者の方々の“生の声”お伝えします。 当日は、東ティモール産のコーヒーの試飲も行います。 お話だけでなく、味と共に学ぶ機会に参加してみませんか? ●日時:2019年12月8日(日)14;00〜15;30 ●会場:JICA中部なごや地球ひろばセミナールームB1-2     〒453-0872 名古屋市中村区平池町4-60-7     名古屋駅より徒歩13分 /ささしまウェルカムバス「ささしまライブ」..
 現場を訪れたからこそお話しできる、フェアトレード製品生産現場の様子や生産者・支援者の方々の“生の声”お伝えします。 当日は、東ティモール産のコーヒーの試飲も行います。 お話だけでなく、味と共に学ぶ機会に参加してみませんか? ●日時:2019年12月8日(日)14;00〜15;30 ●会場:JICA中部なごや地球ひろばセミナールームB1-2     〒453-0872 名古屋市中村区平池町4-60-7     名古屋駅より徒歩13分 /ささしまウェルカムバス「ささしまライブ」より徒歩3分 ●スピーカー:河合 良太さん        NPO法人 泉京・垂井(せんと・たるい)理事        NPO法人 地域の未来・志援センター 地域コーディネーター ●定員:30名 ●参加費:一般1000円・学生500円     ※polca等で事前にご支援いただいた方は、無料でご参加頂けます。      (申し込みは必要です。) ●申込方法:メール/店頭にて      ?氏名 ?連絡先 ?講座に期待すること を      下記、問い合わせまでご連絡ください。 ●協力: NPO法人 地域の未来・志援センター ●共催:NPO法人 泉京・垂井    〒503-2124 岐阜県不破郡垂井町宮代1794    http://sento-tarui.blogspot.jp/ ●共催/問い合わせ:なごや地球ひろば買い物ゾーン フェアビーンズ     〒453-0872 名古屋市中村区平池町4-60-7     shop@fairbeans.org  070-6412-3279